校歌など

画像をクリックすると拡大表示されます。

校歌(昭和38年11月1日制定、作詞作曲:明本京静)

岩木の山は   いや高く   十川の水は   いや清し
林檎花咲くみちのくに   【無限の可能】求めんと
集いて学ぶ友と我   おお   五所川原工業高校

学問と技術のきびしさを   円満きこころに溶かしつつ
明朗努力誠実もて   日に夜に進む人類の
科学にいどむ友と我   おお   五所川原工業高校

白皚々の津軽野に   岩木おろしよ吹かば吹け
理想に燃ゆる若人の   意気天を衝く前進に
凱歌もたのし友と我   おお   五所川原工業高校

校歌

逍遙歌(作詞:山下正義、作曲:木村絃三)

岩木高嶺の雲染めて   はるかに夕日沈む時
世界の覇者を夢見つつ   涙流しぬ十川原

芝草青き中庭の   空涯しなくひろがりて
破邪顕正を語りゆく   君の拳(こぶし)を握りたり

炉の火は今や燃えさかり   玉なす汗は眉つたう
ああ 工業に身を立つる   よろこび君と分かちなん

篝火たきて集えれば   北斗は高くまたたけり
君と腕(かいな)を組みあいて   図南の翼はぐくみぬ


屋上高き旗の風   甲田は遠くかすみたり
君との夢は多くして   花かぐわしき野に遊ぶ

津軽の里の雪消えて   岩木の流れさかまけり
無限の可能試すべく   君はいずくへかはばたかん

校歌

我らの校旗(作詞:野村光幸、作曲:赤川真喜子)

若い力と希望に燃えて   勝利めざして進む我   ともに励ます友情に
自信が湧いて意気あがる   ああ   なびけ   我らの校旗空高く

強い心と誓いを胸に   鍛えた技術をいまここに   競う我らの全身は
勝利夢見て燃えている   ああ   なびけ   我らの校旗大空に

明るい心と勇気をもって   競う我らの心意気   勝って喜ぶ笑顔には
明日へ大きな夢が湧く   ああ   なびけ   我らの校旗いつまでも

校歌

栄光めざして(作詞:伊藤 健字、作曲:赤川真喜子)

十川の土手の雪解けに   大河の旅の鐘がなる   誠を尽くし道を知れ
われら五工のふるさとに   若き血潮の汗流し   友よ行け行け走り行け

十川の土手の若草に   かりねの旅の夢みのる   この歓喜をわが友に
われら五工のふるさとに   若き血潮の誇りもて   勝利の旗手よ走り行け

十川の土手の夕映えに   昔の人の肌香る   響けよ名のれ東西に
われら五工のふるさとに   若き血潮の声上げて   栄光目指して走り行け

校歌

あけの明星(作詞:藤田堅太郎、作曲:赤川真喜子)

あけの明星   仰ぎつつ   日頃鍛えしこの腕
技と力を競い合い   歓喜を浴びる月桂冠
 

緑風わたるグランドに   意気と力をこの脚で
勝利の誉燦然と   頭上に輝く月桂冠
 

岩木おろし背に受けて   練磨の道はきびしくも
雄々しく戦い今ここに   友と抱きし月桂冠 

校歌

五工高音頭(作詞:伊藤健字、作曲:藤本盛三)

歌い踊ろう工業音頭   ここは未来の故郷よ   集い玉なし笑顔を広げ
若さいっぱい夢かきたてる   それでよいよい   それがよいよい   それがよい

歌い踊ろう工業音頭   ここは機械の故郷よ   理想の炎心に映えて
打たれて強く空駆けめぐる   それでよいよい   それがよいよい   それがよい

歌い踊ろう工業音頭   ここは電気の故郷よ   流れるエレキ豊かさあふれ
輝く光文化をつくる   それでよいよい   それがよいよい   それがよい

歌い踊ろう工業音頭   ここは電子の故郷よ   無限の回路頭脳は冴えて
電波交わして宇宙をみわむ   それでよいよい   それがよいよい   それがよい

校歌
Copyright © 2009 五所川原工業高校同窓会 All Rights Reserved.